• ジョージタウン
  • マレーシアのペナン島市の中心部地区に位置し、イギリス植民地時代の建物と、様々な文化を融合した独特の町並みのジョージタウンに関する情報をご紹介します。

ジョージタウンについて 観光名所「ブルーマンション」

チョン・ファッィー・マンション(Cheong Fatt Tze – The Blue Mansion)(通称:ブルーマンション)」は1880年に建てられたもので、
元々は東洋のロックフェラーと呼ばれた大富豪「チョン・ファッィー」の屋敷でした。
現在は、ブティックホテルとして営業中です。
(ブティックホテルとは、独創的と創造性なホテルのことを指します)

1日に3回(11:00/14:00/15:30)実施されるガイドツアーの受付時間に入場料のRM16(約426円)を支払い中に入れます。
写真を撮影するだけでも入場料の支払いは必須ですが、ツアーへの参加は自由です。

ブルーマンション内にある「チョン・ファッツィー・レストラン(Cheong Fatt Tze Restaurant)」っという、
中国レストランで食事をすることも可能です。(ランチ:12:00-14:30 ディナー:18:00-20:30)

行き方はタクシー配車アプリのGrab代(正式名:GrabTaxi)にて、「The Blue Mansion」を目的地に設定し、
正式名称の「Cheong Fatt Tze – The Blue Mansion」が表示されるのでクリックし予約をしてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。